So-net無料ブログ作成
インタビュー記事 ブログトップ

「海賊」キム•ナムギル、隠されたホダンの魅力 [インタビュー記事]

65511797_2.jpg



参考記事http://sports.donga.com/3/all/20140731/65493983/2

「海賊」キム•ナムギル、真剣な顔の中に隠されたホダンの魅力

翻訳:
インタビュー前、普通の俳優たちは身なりを整えたり、
静かにインタビューの準備する。
ところが俳優キム・ナムギル(33)は違った。
スタッフたちと冗談を投げながらいたずらをして
他のインタビューのために準備するソン・イェジンを見て
手を振りながら"ああ、今日はどうしてこんなにきれいにして来たの?"
と冗談を言った。演技が笑わせたという言葉に"やった!"を叫ぶ。
明るく、愉快だ。このような俳優、本当に初めて見る。

このような彼のユーモラスさは、スクリーンでも遺憾なく発揮される。
彼は'海賊'(監督イ・ソクフン)で山賊チョンサジョンの役を引き受けた。
チョンサジョンは高麗武士出身で朝鮮の建国勢力を避けて山に隠れ入る。
初盤の高麗末には真摯で素敵な姿を見せてくれるのですが、
朝鮮建国以降は茶目っ気多く、愉快なキャラクターを見せてくれる。


特に山に行った海賊チョルブン(ユ・ヘジン)、スニム(パクチョルミン)、
サンマニ(チョダルフヮン)、チュンソプ(キムウォンヘ)など、
山賊団と共にするキム・ナムギルのコミック演技はもっと輝く。
彼は'松岳山狂った虎'と呼ばれたが、うわべだけの名前だ。
知ってるふりをしてひどい目にあってから"大丈夫だよ,大丈夫"と言って、
毎回、盗みは失敗に終わっている。山賊にいじめられるばかりで
偶然のように出会った女海賊ヨウォル(ソン・イェジン扮)に何度も無視される。
それでも強いふりをするポーズに観客たちはつい笑ってしまう。

"笑わせるのが難しいですね。お笑いが正統派より演技しにくいというのは
もともと知っていたが'海賊'のおかげで改めて悟りました。
お笑いもアクションや恋愛のようなジャンルのうちの一つじゃないですか。
真剣に接近しようと努力しました。
面白いジャンルと、軽く考えたら大変なことになる恐れもあるという
考えにもっと一生懸命しました。
それで見る方たちがたった今笑ったら気持ちが良いです。
実は私は'ジム・キャリー'のような演技をやってみたかったんです。
今は力不足だがこれから演技がさらに楽になれば、
正統コメディにも挑戦したいです。"

キム・ナムギルのとぼけた演技は大衆に慣れないことがある。
これまでドラマ'悪い男'、'サメ'を通じて見せてくれた暗くて鋭い
イメージからだろう。しかし、彼は見慣れないという反応に
もっと驚いた様子だった。キム・ナムギルは"思ったより多くの人たちが
私のコミック演技に驚いたようだ"と述べた。

"正直・ノワールのような暗いジャンルが好きです。
さらにイメージを作ることも俳優にとって重要だと思うんです。
それで梁朝偉(梁朝偉)、張震(張震)などをロールモデルにしました。
そうして見るとそんな系列の作品がたくさん入ったみたいですね。
しかし、実際の性格は人が好きでいたずらをすることが好きです。
'ギャグコンサート'やアニメ見て真似をして…。
周りの人たちが'たくさん足りないようだ'としています。
私の面白い演技を新鮮としてるから、内心驚いたが良く見てくれる
みたいでよかったです。"

キャラクターは笑いを与えるが、アクションだけは代役なしに
見事に消化した。劇序盤 モフンガプ(キムテウ)と矛先を向けて、
激戦を繰り広げている。ちょっとですが、チョンサジョンの
優れた武術の実力と手厚い度胸を持った姿を見ることができる。

"アクションというジャンルも欲が出ます。特に今回の映画では、
武士と山賊の姿で差別化をおこうとしました。
戦場では愚直なアクションをしたら山賊では槍も書いて足で
蹴ったりする自由なアクションをしながらキャラクターの差を
おこうとしました。'善徳女王'時に出会った武術監督とまた会って
話をたくさんしました。ちょっと素敵なアクションをしたかったんです。
一度刀を回して投げたり何かそんなもので。でもイ・ソクフン監督がちょうど
うまくやるんですよ。激情的な感情でそのまま投げたんですよ。ハハ。"

ソン・イェジンとの呼吸も世間の話題を集めた。
ドラマ'サメ'と相次いで'海賊'をいっしょにすることになった
キム・ナムギルとソン・イェジンは不本意ながらピンク色の
熱愛説も経験した。他の俳優たちは敏感に渡った事案を彼らは
クールに渡した。何でもないように。
ソン・イェジンはキム・ナムギルに'ほら、いたずらひどければ、
そんな記事がでる'って言われたりする周期もしたと。
キム・ナムギルは"(手)イェジンが性格がよいのでいたずらをよく
受けてくれている。そうしてので、お互いに楽になったみたい"と述べた。

"面白いのは、他の先輩、後輩たちが私たち機嫌をボーダーとする。
もしかして付き合った別れたんじゃないか心配されたようです。
イギョンヨン先輩が'やい,お前何をどうなったの?'と聞く前までは
みんな撮影場の雰囲気が悪くなっか、戦々恐々としたようでした。"

観客たちに多くのホダンキで全く違う姿を見せたキム・ナムギルは
チョン・ドヨンと一緒に映画'無頼漢'を撮影中だ。
強力系刑事と組織暴力団に携わった女の物語を描いた'無頼漢'で
もう一度慎重な姿を見せる。当分、恋愛もしない予定、とした。
それは"演技が面白いから恋愛に興味ができない"と形式的な答弁を
引き出しておいて"正直いまは彼女によくできる余力がない。
これは交際について慎重に考える歳になったりしたようだ"と率直に吐露した。

当分仕事だけ一生懸命にするでしょう。'無頼漢'が終わったら次の作品を
探しにいくようです。私がはっきり'無頼漢'のような暗くてノワールジャンルを
好きなようだ。ところで'海賊'撮ってからは変わりました。
最初は私がするのにちょっと不便で難しいのはしませんが、
演技が楽になって挑戦したい考えになりました。
幼い頃から作品とも多くなりました。良い作品のオーディションは
見たいし必ずしたいです。"




まもなく封切りの海賊出演のインタビューですね^^
先日、試写会も行われたようですが
韓国映画界ではすごく話題になっているようです。

早く、日本でも公開してほしいですね^^

早くも次の作品を撮影しているようですね。
次回は海賊とは違った作品、
どんな風になるのか今から楽しみです。

ところで、ホダン、とはイスンギさんから流行った
言葉で、見かけと違いしっかりしていない人、
話しかけても反応が鈍い人、という意味があるそうです。
イスンギさんを見ても思いますが、要は天然もしくは
マイペースなんだということなんでしょうね^^











共通テーマ:芸能
インタビュー記事 ブログトップ
a

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。